ページ

2013年9月18日水曜日

宮崎駿監督「風立ちぬ」

そうだったのか。
「風立ちぬ」を制作した理由は
「またあの時代がきたから」と語ったそうだ。

何もかもがあの時代に向かっている。
そんな空気を特に漂わせているのは、大本営発表しか報道しない新聞だ。
政府の広報と化したこの時代の新聞社は影響力の大きいTVまで支配している。

今ならまだ間に合うと思いたい。が、
周囲の人たちは考える事を放棄している。
こういった類いの話を持ちだすと場がしらける、載ってくる人間がいない。
不思議なこと、分からないことを言う人間だな。
と云う雰囲気が漂うんだよな。

この雰囲気が変わるのは何時なんだろうか。
取り返しが付かなくなってからなんだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿