ページ

2012年10月16日火曜日

このままでいいのだろうか。

「総理大臣」が嘘を付く。
「マスコミ」が政府の広報になっている。
「検察」は犯罪者を捏造する。
「東京大学」が各大学への研究予算の割り振りをする。
「警察」は裏金作りをし、パチンコ業界の犯罪を見逃している。
「国会議員」が国会を開かない。法律を通さず、選挙対策ばかり。
「官僚」は増税をして捻出した復興予算を勝手に使いたい放題。天下り先の創出に。
「医学者」が放射能の危険を隠す。症状を記録するなと通達。
「知事」が放射能汚染瓦礫を受け入れ、安全な地域への拡散をする。
「裁判所」は推認できる(証拠なし)で、有罪にする。
「学校」はいじめ事件を隠す。
「東京都知事」が国の先頭に立ち、中国と敵対し、大きな被害をもたらす。
「知識人」殆どの人が反原発に口をつむんでいる。
「大部分の日本人」が相変わらず、大マスゴミの情報を信じている。
「身近な人達」列挙した上記の話を持ち出しても興味を示さず。あきらめている。

「私」さあ〜 どうしよう。

バイアスのかからない事実と向き合える明るい社会にするにはどうすれば。