ページ

2011年5月29日日曜日

信ずるべき事は?

何を信じていいか分からなくなりました。
自分を信じる、これしかないのでしょうか?

嘘がまかり通っています。

私自身もこれまで嘘をついてきました。
自分を守るための嘘だったと思います。
他人を巻きこむ嘘は付いていないと思う。

マスゴミ、政府、官僚、大学教授など権威の象徴的な人が今は何をしている。
嘘と判っていながらアナウンスをしている。
北野武がわかりやすいから具体的に引用しておきます。
-----------------
『新潮45』 の2010年6月号で、原子力委員会委員長の近藤駿介(東京大名誉教授)と対談してトンデモ暴言を連発している。
「おいらは大学も工学部ですから、原子力関係の話は大好きなんですよ。今日は新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の中を見学させてもらったのだけど、面白くて仕方がなかった」こう切り出したたけしは、こんなことを言う。
「原子力発電を批判するような人たちは、すぐに『もし地震が起きて原子炉が壊れたらどうなるんだ』とか言うじやないですか。ということは、逆に原子力発電所としては、地震が起きても大丈夫なように、他の施設以上に気を使っているはず。
だから、地震が起きたら、本当はここへ逃げるのが一番安全だったりする(笑)。

-----------------
これはナンだ。
この記事はその時に私も読んだ。
その時の感想としてはよく云うよ。「CMだからかな!」そんな程度でした。(反省)

昨日(5/28)のTBSの夜の番組で震災の義援金の被災者への支払いが今どうなっているか放送をしていました。日本赤十字がこれまでの1/3の金額を振り込むところをパソコンからネットバンキングで高額な金額をクリックひとつで、
振り込むところを映していました。若い女性でした。

この後の北野武のコメントが最悪な「秀逸」でした。
覚えて置いてください。絶対、忘れてはいけないと思います。

「あの若い女性をだまして、俺のところに振り込ませてから、殺せば自分のものになる。」
こんな放送が実際にありました。


それに比べてなんとも立派な人がいました。嬉しくなりました。

「山本太郎」さんいつまでも応援します。
同じところに並べてスミマセン。

2011年5月18日水曜日

疑ってみる!

こんな言葉が典型だった。
「原子力は安心、安全で、クリーンなエネルギーです。」
マスゴミが大量に流している事を疑っていこうと思う。

地球温暖化は本当なのだろうか?
付随してCO2が温暖化の犯人なのか?
リサイクルも怪しい、エコも怪しい。

2011年5月12日木曜日

こわれていく…。

まもなく世界人口70億人、日本の人口1.2億人 1/60です。1.7% 
1950年の5番目から2005年には10番目へ、これからもっと減ります。
国内総生産 (GDP) は2010年に世界2位から3位になったが、8.1%です。


国土面積 0.283% 195カ国中60番目の広さです。
世界の活火山の10%が存在し、
世界の地震の10%が発生する有数の火山国・地震国です。
マグニチュード6以上の地震は、20%が日本で起こっている。
原発は世界で3番目の54個もあります。54/431 12.5%です。

便利なWikipediaを参照してみました。
並べた数字から目指すべき将来が見えてきます。

身の丈に合った国になれると良いですね。
ゆっくりとした時間を持てる社会ができそうです。

2011年5月8日日曜日

ふとした時に…

マスコミ(新聞・TV)がこんなにひどい状況だったとは!
今回の原発の事故が私の眼を開いてくれました。
そして、大勢の人の眼も開いたのだろうと思います。
だけど、此のままでいいのだろうか?
まったく落ち着かない。
何をなすべきか、小さな声を上げるだけでいいのか?
孫正義さんの「自然エネルギー財団」http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110420/biz11042017470029-n1.htm
山田恭暉さんの「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」http://bouhatsusoshi.jp/
行動隊に手を上げました。

2011年5月1日日曜日

自由報道協会に期待して小さな声をあげていきます。

3.11以降のTV・新聞の信頼性がまったく無くなりました。記者クラブの実態が如実に現れていますね。これからはマスゴミと呼ぶことにします。小さな声でもあげないと変わらない。
バタフライ効果というものもあるそうです。
チェルノブイリ事故後の
1988年放送の「朝まで生テレビ!」の原発特集を今回、YouTubeで見直しました。
高木仁三郎さんが出演をしており、原発推進派の人達を追求していました。「地震・津波・外部からの電力・冷却水の供給が絶たれる」このとおりに起こることを提起していました。この時期にどうして原発を止める方向へ向かわなかったのか。放送内容はまだ公平さが保てれていたようです。
2011年の現在、報道の状況がずっと悪くなっています。
原発の危険性を突付けられている今も、原発は必要だという方向へ持って行こうとしています。